FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VIVE VR備忘録

前回、 hTC VIVE(以下VIVE)でVRデビュウを無事に飾った私ですが、
これからPCでVIVEでVRしようかなとお考えの方に向け、また、
私自身の備忘録として、VIVEの導入にあたり、いくつかの注意点を書きまとめておきます。
(Oculus Riftについては所有していないのでなんとも言えませんが、
PCでのVRという点で、おそらく同様の注意点も多いと思います。)

・PCのスペックがいる。
基本的にVIVEのPROや、コンシューマーエディションを買えば、VRのできる装置一式は揃っていると考えて良いのですが、
他にパソコンが必要です。
「何を言っているんだ当然だろ」と思う方もおられると思いますが、
「それなりに性能のあるパソコン」という意味です。
いわゆるゲーミングPC。
PSVRであればPS4かPS4PROを所有していればよいわけで、所有者によって本体の性能に差はありませんが、
PCの場合は全く違います。

おそらく、N〇Cとか富〇通とかのメーカー製の見た目かっこイイけど値段高くて性能の悪いパソコンでは無理です。
メーカーPCのカタログを見ても、ハイエンドクラスの製品のCPUに関しては「i7のナンタラ使用」とか大きく謳っているのですが、
グラボに関してはほとんど記載もされておらず、仕様書を見てみると、最高クラスの製品でもほぼ内蔵グラのものばかりでした。
PCでVRやろうかという人でメーカーPC使う人はあまりいないでしょうけど、そんな方は要注意です。

必要スペックは
CPUで
Intel Core i5-4590 以上となっていますので、CPUに関してはさほど性能は必要なさそうです。
実際、「i5 4590」のパソコンって、中古で1万円台くらいで売ってますよね。

メモリも4G以上。(オキュラスは8G以上)
メモリのハードルも低いです。

問題はグラフィックボードです。
GeForce GTX 970 以上
ハイエンドのボードが必要です。
GTX970って現行品ではないので、今だと GTX1060以上ということか。

ちなみに私のPCのスペック。
CPU i7 6700K
メモリ 16G
GPU GTX960 2G ⇒ GTX1080 8G

GTX960だと、現行のゲームで「遊べない」ものは無いのですが、
さすがに非力に感じていたので
今回のVR導入を機に買い替えています。
本当はGTX1080Tiが欲しかったのですが、予算が届かなかった..........。orz
(余談ですが、いらなくなったGTX960は、娘のRYZEN3のPCに差しました。「ダクソ3」も「FF15」もバリバリ遊べるPCに!!(笑))

私のPCもi7とはいえ、CPUは2世代は古いものですが、
お店の方曰く、「VRはグラボですよ、グラボ!!」との事。

上でも少し書きましたけど、
街の家電屋さんでメーカーパソコン買う人って、CPUの性能には割と拘るみたいですけど、
グラボに関しては無頓着な人が多いんだなということが、メーカーのカタログ見るとよくわかります。
目立つページにはほとんど触れられていませんから。
特にノートPCはともかく、メーカー製のPCによくある、
「液晶モニタ本体にマザボもCPUも一体化されてるのにノートPCじゃないカッコイイPC」を持っている人は、
グラボを後から差す事もできないので、そんなPC持ってる方でVRやりたい方は、PC買いなおしてください。

・ベースステーションの設置場所の確保
PSVRと違い、VIVEにはルームスケールという機能があり、
これのおかげで、部屋の中で動き回ったり、
コントローラーの場所等も、物凄く正確に認知する事ができるのですが、
それらを感知するセンサーである、「ベースステーション」の設置場所には苦労しました。

お店の方 「お部屋の壁に穴はあけられますか?」
私     「( ゚Д゚)ハァ?」

部屋の高い場所の端と端に向かい合うように、それぞれ1つづつセンサーを置かないといけないのですが、
基本は壁にドリルで穴をあけて設置するとの事。
どこにどうやってそんなものを設置するのか................。

これは本当に悩みました。

結果
P_20180814_132340_vHDR_Auto Web 表示用 (大)
カメラの三脚がこんな所で役に立つとは..............。

もう片方はタンスの上に置いてます。

バッチリ遊べているので結果オーライ。

壁に穴あけられる人は問題ないですけど、無理な方は三脚とかいるかもしれませんぜ。



・設定に気をつける必要あり。

買う時に
お店の方  「設定する時は注意しないと、失敗して漬物石にしてしまう方多いんですよ」
私      「はっはっは、バカじゃねー( ´艸`)」

設定時ではないけれど、漬物石にするところだった.............。((´・ω・`;))

私の場合、設定時は何も問題なかったのですが、
ベースステーションのファームウェアのアップデートの時に事件が起こりました。
ちゃんと画面の指示に従って、アップデートを行ったハズで「完了」の表示もされたのですが、
全く電源が入らない事態に..............。漬物石ぢゃん..............。orz

焦りに焦ったのですが、ネットで調べると対処法を記載されているブログがありました。
(ググれば簡単にヒットするハズ)
無事に復旧したので問題はないのですが、
無理にファームウェアのアップデート、特にベースステーションのはやらないという手もありかと。

設定は慎重に、ベースステーションのファームウェアのアップデートは怖ければ無理にやらなくても困らないっぽい...気がする。



続きを読む

スポンサーサイト

hTC VIVE で VR デビュウ

前からVRゴーグルが欲しかった。
スマホ用のチャチイやつは持っていたけど、ちゃんとしたのが欲しい。
オキュラスとかバイブとかPC用のはあるけれど、値段が高いしぃ.....。

そんなわけで筆頭候補はやはり「PSVR」。
ところが品薄(?)で全く手に入らない。
「バイオハザード7」なんかは「PSVR」で遊ぶつもりで購入したのに.......。orz

ところが、ここ最近はPSVRも普通に近所のお店でも売られるようになってきた。

..................今更遅いよ。(- -;

PS4も発売されてかなり年数も経ち、
そろそろ、PS5発表も噂される時期で、今更PSVR購入してもなぁ.............。
SONYだから、近い将来発売されるであろうPS5と互換性持たせるかどうかも疑問だしな..............。

そんな折、某PCショップにて「hTC VIVE PRO」を体験させていただける機会に恵まれた。

何コレ!?
メッチャ欲しいんですけど!!
だけど、値段が175910円。
高すぎる........orz。

あ、だけど、通常版なら、69380円じゃん!!
10万円以上安いじゃん!!
(冷静に考えたら安いわけないわな。(笑))

後、基本スペックがPSVRより高い事、
部屋狭いので動き回るスペースないんだけど、ルームスケールに対応している事、
そして何よりも、私がVALVEのゲームの大ファンだという事、
たまたま、その時に私がお金持ってた事、
などなどの理由により、

hTC VIVE

買っちまったぜ!!
(写真は娘。楽しんでる様子。)

いやー、楽しいっす。

RYZEN3 イカス

子供が「アイカツ フレンズやりたい」言うから、
「しゃーないのぅ」とか「ついでにちょっと良さげな中古PCとかあるかな~」とか言いながら、
大阪日本橋まで
子連れでわざわざアイカツやりに行く必要はなかった。

ほら~
APUとマザボとメモリ買ってもうた。
下の子供用に安いPCを「中古」で買うつもりだったのに、
やっぱり買ってもうた。
どうしてもRYZENいじってみたかった。
久々のAMD。

子供用ですから
低予算なのはかわらないので、RYZEN3 2200Gをチョイス。
ryzen3
1万2000円はしなかったくらい。

光学ドライブとHDDとケースと電源は前にあったPCのを流用。
マザボは初のASRock製の安いやつ。
マザボ
メモリは高騰しとるね。
8G買ったけど、高かった。
総額で3万数千円也。
メモリの高騰が予想外でした。

もっと安価に組みたければCPUをペンティアムにして、
メモリを半分にケチれば更に1万円程は安くなり、
後7000円ほど出せば、RYZEN5 2400Gが買える。

まぁ、あくまでも娘用ということと、AMDでやりたかった自分の欲求は満たしたので満足。

結果。
おおお!!
結構キビキビ動きますな!!
普通にPCする分には全くストレスを感じない。

内蔵グラのRADEON VEGA8も、
わざとヘビーなゲーム試してみようといれてみた、
「ダークソウル3」はガクガクで、(画質設定すれば遊べるか?)
「FF15」はベンチマークも動かなかったけど、(#^.^#)
「ストリートファイター4」は全く問題なく遊べるぞ!!
「PUBG」も描画最低ランクでは遊べるレベルでした。
オンボードのグラでこれだけ遊べれば上々でしょう。

ゲームもやりたくて安価にPCを簡単に作りたい自作初心者の方には、
内蔵グラ「だけ」で勝負するならば、今はRYZEN一択でしょう。
RYZEN5 2400Gがいいと思うけど、お金無かったり、ヘビーなゲームはやらない方とか、
ゲームするけど今回の私のようにセカンドマシンとしてならRYZEN3 2200Gも十分にお勧めです。

続きを読む

「ポスタルくらぶ」辞めたった

今年最初の書き込み。

ようやっと、ポスタルくらぶを辞めた。
年間350円位かな?
20年以上は払っていたので、10000円近い金額になる。
バカにならん金額だ。
ずーっと入らされていて、
「あ~入っていて良かった、役に立ったなぁ....」なんて事は一度もありませんでした。
全くの金の無駄。
年に一回、面白くもなんともない冊子が送られてくるだけで、
面白くもなんともないので、近年は封を開ける事すらせずにごみ箱行き。

その昔、職場の給料が郵便口座に振り込みになり、そのために口座を開設した際に、
「ポスタルくらぶ」と「国際ボランティア貯金」に入らないと口座を作れないと担当の局員に言われました。
(今から思うと多分嘘。当時の局員にノルマかなんか課せられていたのだろう。いいカモだったわけだワシ。)

国際ボランティア貯金の方は、貯金の利子の20パーセントを募金させられるというもの。
これも自分から進んで加入したものではないので、
よくよく考えたら、ただでさえ、ほとんど利子のつかない普通預金の利子の2割をずーっと募金させられていたわけだ。
20年以上募金に貢献したのだから、これももういいでしょ。(笑)

アホなもんだから、そもそも、それらを退会できるとも知らずにずーっと入ってました。
自分でもアホすぎるわ....。

で、ポスタルくらぶ、辞めれるということを知り、早速辞めてきたというわけ。

正月明け早々、通帳と印鑑持って、ゆうちょまで行ってきました。

案内係のお姉さんにポスタルくらぶを辞めたい旨を伝えると、すぐに退会用紙を用意してくれました。
国際ボランティア貯金は知らない内に廃止になっていた模様。

ただ、待ち時間あわせて、1時間かかりました。

しんどかった。

みんな、ポスタルくらぶ、辞めれるからね!!

.........................................皆様、今年もよろしくお願いします。

スマホ...

あっ、

私のスマホ、

今更ですが、

今年の初めに「ZenFone3」に変わりました。

いや~、いいですわ3。

バッテリーも持つし。

結果的には2はダメな子でした。(笑
今は予備機として箱に入ってます。
カテゴリー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。